求められる英語力

グローバル社会の現代では、世界共通語である英語の力が求められています。ではどのように勉強すればよいのでしょうか。言語という性質上、一朝一夕で習得できるようなものではありません。毎日の積み重ねが重要です。種類としては大きく分けて、リーディング・リスニング・スピーキングの3つに分けられます。これらすべてに共通して必要なのは単語力です。単語はもっとも重要なもののひとつといえるでしょう。多くの単語帳も販売されています。何から始めていいかよくわからない人は単語の暗記から始めてみるのもいいかもしれません。リーディングも様々なテキストが販売されています。インターネットでも海外の情報誌を無料で読むことができ、これを教材として利用している人もいますね。リスニング・スピーキングを中心に、テレビで講座も行われています。海外旅行で役立つフレーズであったり、あるいは英語のアニメであったり様々な番組があります。こられを利用するのも一つの勉強法です。いずれにしても日々の積み重ねが重要です。一日に長時間勉強してもあまり効果がありません。自分で毎日続けられる時間、あるいは興味をもって続けられる教材を見つけることがポイントになってくるでしょう。就職などではTOEICやTOFLEのスコアが考慮されることが非常に多くなってきています。自分の英語力を試す目的でもTOECやTOFLEなどの“英語検定試験”を受けてみるのもいいでしょう。これらの試験は非常に汎用性が高いため、有資格者はアルバイトでも高収入が得られます。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.